2019年度の特商法執行状況 延べ処分数27%増禁止命令で上積みく

 2019年度(19年4月〜20年3月)に行われた特定商取引法違反の行政処分は延べ件数で167件に達し、180件台でピークだった9年前に迫る勢いとなった。 件数を増やした最大の要因は、17年12月の改正特商法施行で導入された業務禁止命令。延べで63件(人)もの処分が行われ、前年度に引き続き積極的な適用が行われた。 禁止命令を除いた延べ件数も、複数の法人を使い分ける大型の悪質商法に対して国が厳しい処分を行ったことなどを背景に増やした。 処分の対象となった取引類型は前年度に続いて訪問販売が中心となり、商品・役務も引き続き住設・工事系が目立っている。

▼続きを見る

公開記事はこちらから

2020.4.9 消費者庁が特商法で「メノガイア」に業務停止15カ月基礎工事済みの家に2度の過量販売    
2020.4.2 ナリス化粧品の教育制度 「資格取得」のニーズ掴む 美容分野への関心背景に取得後のサポートも手厚    
2020.4.2 再発防止へDS団体と連携 販売員講習、会場抜打ち指導    
2020.4.2 大阪府が停止3カ月、特商法で宣講販に 「ガンに効く」と健康器具販売    
2020.4.2 ダスキン 今宮店スタッフ1人の感染判明 20日に陽性判定    
2020.4.2 DS業界の「影響」は? 新型コロナウイルス問題 オンライン会議・セミナーを推進 特例措置は期間延長、送料無料など    
2020.3.26 DS業界の「影響」は? 新型コロナウイルス問題 イベント延期・中止、集客の自粛が拡大感染防止ニーズ受け衛生アイテムは受注増    <
2020.3.26 シーボン 肌画像解析のAI技術 =フェイシャリストサロンで導入= 慶應義塾大と共同開発    
2020.3.26 アウラインターナショナル 「ヒト幹細胞ジェル」で急成長 月売上5億に自己消費が実質無料のプログラム、ポイント制を不採用    
2020.3.26 ナチュラリープラス 会員向けライブコマースが好評美容講師が司会役 スキンケア特別セットを販売    
2020.3.19 「特商法・預託法検討委員会」の行方 NMI宮澤代表に聞く 合理的根拠過量拡張案 「真面目な事業者、影響考えにくい」池本ペーパー≠ナ消契法踏まえ 勧誘規制提案、 「非常に心配」